朝礼ネタ・スピーチに名言コラム~バイカー修ちゃん・今日の一言: 2016年7月アーカイブ

2016年7月

ヘーゲル以来の弁証法は「正⇒反⇒合」のところで「生成」を謳(うた)っているけれども、その生成は空虚なものになるであろう。
なぜなら、それは「中心」を持とうとするからだ。中心を持とうとした社会は崩壊する。
近代はまさに中心を持とうとし、その近代こそが「反近代」をつくるのである。
-[1903-1969] ドイツの哲学者 テオドール・W・アドルノ『否定弁証法』より-

月別 アーカイブ

携帯サイト

QRコード

Twitter

バイカー修ツイッター

facebook

九州教具facebookページ

最近のブログ記事

最近のコメント