現代において、「キリスト教原理主義」や「イスラム教原理主義」などの一部にみられる狂信が多大の災厄(さいやく)をまきおこしているが、日本ではすでに織田信長が一向宗を排撃し、豊富秀吉と徳川家康がキリスト教を禁止した。
宗教が政治に介入すると、狂信が政治を左右することになるので、それを阻止したのであった。
欧米諸国が政教分離をめざすのは、ずっと後のことで、しかも現代に至ってもまだ徹底していない。
-[1933-] 香川県出身の心理学者・精神分析学者 岸田 2007の発言より-
ついに「イスラム国」に人質にされた人に最悪の事態がおきてしまった。
もう一方のジャーナリスト後藤健二さんは僕の友人の友人であり、とても正義感の強いジャーナリストだそうだ。心から無事なる解放を望みます。

これ以上は政治的な問題になるのでコメントできませんが、日本のような「政教分離」の国から見ると、「政教一致」どころか、まさしく宗教そのものが政治憲法と政治的価値観そのものであり、「国」をなのりながら実体のあいまいなテロリスト集団と、国家的交渉をしなければならないという現実、これが現代世界の姿なのだということに唖然とさせられる。

こんなことフランシス・フクヤマが『歴史の終わり』で述べた、共産主義の崩壊と自由主義の勝利で世界はバラ色になるって夢がいかにノーテンキで楽観的だったかってのがよくわかると思うぞ。

どちらかというと世界は、サミュエル・ハンチントンが『文明の衝突』で述べた、「西欧にとって基本的な問題は、イスラムの原理主義ではない。問題は、イスラムそのものなのだ」という状態に近いと思うぞ。


世界は明らかに「文明の衝突」状態に入ったようだ。500年前まで世界でもっともすすんだ文明をもっていたイスラム文明が、それを破壊したキリスト教文明に復讐しようとしているようにうつる。

そういう意味では、200年前までアジアで最大の文明を誇っていた中華文明が「明の時代」の復興を夢見て、西欧とそれに加担する日本に同じ目を向けているようにも見える。

その流れのなかで「経済的結びつき」などあまり意味をもたなくなるだろうな。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/2261

コメント(6)

元山陽子さま、なんと!
ありがとうございます!元山さまのようなお客様で当社のホテルは成り立っています。こちらがお世話になっているのに・・・言葉もありません。
ぜひお嬢様と「ブリスヴィラ波佐見」にお越しくださいね!
正直なところ、まだまだオープンはしたものの行き届かない点が多々あります。ひとつひとつ解決して、元山さまの満足のいくホテルにしていきます。
いつもいつもご利用いただき本当にありがとうございます!

心からお待ちしています!

こんばんは。先日は、お世話になりました。何時もお世話になってるので、ミニこちょうらんを送らせて頂きました。こちょうらんの花言葉は、あなたを愛しますです。ホテルのスタッフの方、1人1人が、訪れたお客様を、家族のように思い、そして愛し、細やかなサービスが出来るように、との意味合いを込めて、そして、ホテルの白い内装に映えるように薄いピンク色にしました。お客様が少しでも、このホテルを愛し、リピーターが増える事を祈っております。私も、娘の夏休みに行かせて頂きます。宜しくお願いします。そして、皆様のご健康と御多幸をお祈り致しております。

元山陽子さま、昨日のホテル ブリスヴィラ波佐見内覧会にご参加いただきありがとうございました!
そしていつも当社ホテルをご利用いただき感謝しております。
名刺は山下支配人からいただきましたよ。
今後ともよろしくお願いいたしますね。ネットへの出店のぞかせていただきます。ありがとうございます!

昨日は、内覧会にお呼び頂きありがとうございました。とても素敵なホテルで、主人とも、一緒に泊まりに家族で行こうと話しています。昨日、山下支配人に私の名刺を預けましたが、お受け取りになられたでしょうか?私も、DeNaのオークションのサイトで、出品しています。名前の上段に書いてあるのが、ペンネームです。今後とも宜しくお願いします。最後にアイスルにより殺害されたお二人のご冥福をお祈りします。

ryo&ayaのパパさま
いらっしゃいませ!はじめてのご訪問歓迎いたします。

「世界が100人の村だったら」懐かしいですね。
「もし、あなたが銀行口座を持っているなら、あなたは世界で一番裕福な8%の人々の一人なのです。もし、あなたがこの文を読めるなら、あなたは世界の10億人の人々より、裕福なのです」
って一節がありましたね。

僕もすべては「格差」とすくいようのない貧困と、でたらめをつくしてきた西欧列強のツケがいまきたんだと思います。

「イスラム教」は統一のための方便にしかすぎないとすら思っています。
100年前に吹き荒れた「共産革命」に通じるところがあるでしょうね。
悲しいことですが、人間の性とはこのようなことを言うのでしょうね。

バイカー修さま こんにちわ!はじめまして!
 昨今の「文明の衝突」の主な原因は、ピケティの指摘する格差拡大に有るのではないかと思っています。「世界が100人の村だったら」がベストセラーになったのは随分昔だった気がしますが、世界のトレンドは、所得底辺層の底上げが進展する一方で、明らかに中間層の降落・シュリンクが起こっています。ヨーロッパの若者の一部がイスラム国に参加する理由も、そこに有るのではないでしょうか

コメントする

月別 アーカイブ