真に謙遜(けんそん)ならんがためには、自ら信ずるところがなくてはならぬ。
卑屈とは結局、自分が確立していないところから起こる現象である。
-[1896-1992] 愛知県出身の哲学者・教育者 森 信三(のぶぞう) 修身教授録p206より‐
世の中をすべて「仕組み」で仕切ることはできない。
言葉という形式知で表現できるのは、ほんの10%にすぎないからだね。

企業は業績不振から保身に走って、弱い立場の人からリストラしたがる。
妊娠したから辞めさせられるなんてパワハラはその象徴だよね。

こんどは働く側も、企業組織の善意の仕組みを逆手にとって自分の主張だけを声高に叫ぶっていうこともまた醜い現象だよね。
よく学校PTAにいる「モンスターペアレンツ」なんてその典型だよね。

どちらも、謙虚さ謙遜が足りない。卑屈だ。

その原因が、「自分が確立していない」ためと看破する森先生のお言葉は鋭い。
哲学・道徳教育を戦後おろそかにしたツケが一気にふきだした感がある。

これからは「文化の時代」。何のためにそれをやるのか?
何のために生きているのか?それがカネのためとか実利しか頭に浮かばないようじゃ人生、卑屈街道まっしぐらだと思うぞ。

あなたにとっての哲学とは?
あなたの人生訓とは?
あなたの会社の経営理念とは?

「文化の時代」はまわりがみんなそれを見てるんだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/2254

コメントする

月別 アーカイブ