金正日(キムジョンイル)

私に対する人民の忠誠は、金日成(キムイルソン)主席のそれにくらべて希薄であるのは事実である。
次の後継者(金正恩:キムジョンウン)対しては、さらに希薄になるだろう。
だからこそ、後継者を中心に一族の団結は至上命令なのだ。
-[1942-2011] 北朝鮮の独裁者・国防委員長 金正日 死期を悟ってからの発言-
ついに自民党安倍内閣が「集団的自衛権の行使を容認」すると決めた。
憲法9条の解釈変更という、戦後政策の大転換がおきたわけだ。これは日本の戦後史に残る大転換だと思うぞ。
この論評はしない。あまりに重いからね。賛成派も反対派もそれなりに意見は理解できる。
しかし、新宿のど真ん中で「集団的自衛権反対」をとなえて焼身自殺した人のニュースはあまり報道されなかったね。
ネットではバンバンででたけど。

やっぱり報道規制ってあってるんだね。

今日は、北朝鮮の問題をちょっと考えてみよう。
拉致被害者の調査でどういう対応をするかが注目されているけど、あの国がいよいよのっぴきならない段階なのは、報道されているとおりだろうね。

中国の習近平国家主席は、北朝鮮じゃなくて韓国に訪問するそうだし、この前北朝鮮で粛清された張成沢(チャンソンテク)氏は、北朝鮮ナンバー2であり金正恩(キムジョンウン)第一書記の叔父さんでもあった。
こんな人を死刑にするんだから、なにかがあってるんだろうな。

この張氏は、中国人民解放軍最大の戦力を誇る瀋陽軍区と密接につながっており、北朝鮮自身が中国共産党ではなくて、この人民解放軍の瀋陽軍区の傀儡(かいらい)だって説もある。
これを粛清したんだから、北朝鮮と中国の間で大変な問題が起こっているのはまちがいない。

中国自身、バブルが崩壊しており、国内は大変な問題が起きている。
共産党一党独裁をよろこぶ国民はいないだろうけど、17億人の超巨大国家を「民主主義」なんかで運営できるはずもない。

急いでこのような重大なことを決議する裏には、アジアで大変な地殻変動がいま起きている・・・と政府が考えているからに違いない。
けっしてそれは口にはできないんだけどね。

中国、韓国、北朝鮮、そしてロシア・・・なにかが起こる予感がする。
それも近々。
日本国民に危機感はないようだけど、とんでもないことが起きつつあることはまちがいないと思うぞ。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/2243

コメントする

月別 アーカイブ