朝礼ネタ・スピーチに名言コラム~バイカー修ちゃん・今日の一言: 2013年11月アーカイブ

2013年11月

リコーやキヤノンの複写機やプリンタを考えてほしい。じつはあの手の製品を全世界で販売するのは難しいことなのだ。

例えばアリゾナから「インクが乾いて印刷できない」と緊急電話がくる。原因は湿度が低く、インクジェットプリンタのノズルが詰まってしまうからだ。

また、ルイジアナからは「紙詰まりがおこって困る」と電話が入る。理由はその逆で、湿度が高すぎて、紙がメロメロになってしまうからだ。

キヤノンやリコーは、そういう苦情に対応しながら、どんな気候でもインクの詰まりにくく、紙詰まりのおこりにくい製品を開発してきた。

これは極めてノウハウの部分の多い難しいことなのだ。

-[1943-] 北九州出身の経済評論家 大前研一 20088月「日本の競争力の源泉」より-

僕はある一組の夫婦の前に腰をおろした。その男と女の間に、子供はどうやらわずかに凹みを作って、眠っていた。

子供は、眠りながら寝返りを打った、するとその顔が、燈火の前に浮かび出た。

おお! なんと愛すべき顔だろう!

この夫婦から、一種黄金の果実が生まれ出たのだった。

この鈍重な二人の者から、美と魅力のこの傑作が、生まれ出たのだった・・・・

-[1900-44]フランスの飛行家・作家アントワーヌ・MR・ド・サン=テグジュペリ1939年著『人間の土地』p230より-

月別 アーカイブ

携帯サイト

QRコード

Twitter

バイカー修ツイッター

facebook

九州教具facebookページ

最近のブログ記事

最近のコメント