朝礼ネタ・スピーチに名言コラム~バイカー修ちゃん・今日の一言: 2011年11月アーカイブ

2011年11月

自分にとって自明である信仰が、外国人の目には馬鹿馬鹿しく見えるものだ。

‐[1874-1965]  英国の小説家・劇作家・批評家 ウィリアム・サマセット・モーム1915年著『人間の絆』第53章より‐

大村藩の大村純忠(すみただ)めが、佐賀藩の龍造寺との戦闘で金に枯渇し、ポルトガル人から長崎付近の年貢一切を担保に入れて銀百貫を借りた。

ところが返済期日に返せないため、担保流れとなり、殿下(秀吉)の行かれた頃は、「長崎」一帯は切支丹の領土となっていたのですぞ。

殿下が年貢調べをされて初めて判った。農民は年貢を教会に持参していました。

ただちに、大村に代わって殿下が支払われて、領土は取り返され、事なきを得ましたが、「長崎」の借地だけは変換されませぬ。

日本の恥と思われた殿下のお計らいで、このあたりの紛争は、あまり公にはされていませぬが・・・。

[1930-] 東大法学部卒 中小公庫(現日本政策金融公庫)出身 作家 加藤 (ひろし)『信長の棺』より楠木正辰(まさとき)の台詞

人体というものは、永劫(えいきょう)の年月に偶然がつくりあげた何百万もの進化の択の結果である。

‐[1917-2008] 米国の小説家 アーサー・C・クラーク『宇宙のランデヴー』より

自分は「日本人である」という基盤を無視し、架空の『無国籍市民』という前提に立って、どれほど立派な、筋の通った発言をくり返そうとも、それは地に足のついた、説得力のある主張とはならないであろう。

[1923-79] 元戦艦大和副電測士・小説家・日銀理事 吉田 満著『戦後日本に欠落したもの』より

自分の欠点を探すのに一所懸命の人は、他人の欠点が見えない。

他人の欠点を探すのに一所懸命の人は、自分の欠点が見えない。

                                         ユダヤの諺

月別 アーカイブ

携帯サイト

QRコード

Twitter

バイカー修ツイッター

facebook

九州教具facebookページ

最近のコメント