朝礼ネタ・スピーチに名言コラム~バイカー修ちゃん・今日の一言: 2011年4月アーカイブ

2011年4月

労苦の後の眠り、時化の後の港、戦いの後の平和、生の後の死は大いなる喜び。

‐[1552-99] 英国の詩人 エドマンド・スペンサー『神仙女王』より‐

カネで買えないものは、差別につながる。血筋、家柄、毛並み・・・。

世界で唯一、カネだけが無色透明で、フェアな基準でしょ?

カネで買えないものなんてあるわけない。

‐[1972-] 福岡県八女市出身 ライブドア社長 堀江 貴文 20053月の発言‐

ノスタルジアは決して存在しない理想の記憶なのである。

過去を振り返ってはいけないと人は言う。

そうだろうか?我々はノスタルジアにもっと敬意をはらわなければいけない。

‐[1954-] 長崎市出身の英国人作家 カズオ・イシグロ 2011年の発言‐

「民主政」だけが、絶対善ではない。

民主政もまた他の政体同様、プラス面とマイナス面の両面を持つ、運用しだいでは常に危険な政体なのである。

‐[1937-] 東京出身のイタリア在住の作家 塩野七生『ローマ人の物語Ⅲ-勝者の混迷』より‐

人が何かをするには二つの理由がある。

「人聞きのよい理由」と「本当の理由」である。

‐[1795-1881] 英国の思想家・歴史家 トーマス・カーライルの言葉‐

「私はカモメ・・」   "Я чайка" (ヤー・チャイカ)

‐[1934-] ソ連初の女性宇宙飛行士 ワレンチナ・ヴラディミロヴナ・テレシコワ1963616日ボストーク6号に搭乗し地上と交信した言葉‐

 

これは終わりではない。これは終わりの始まりですらない。

しかし・・あるいは、始まりの終わりかもしれない。

‐[1874-1965] 英国の元首相 サー・ウィンストン・レオナルド・スペンサー・チャーチルの言葉‐

スウェーデン人は100年もの間、「ノーベル賞」の選考という作業によって、世界の知恵と知識の結晶を無償で手に入れてきたと言ってもいいであろう。

‐[1956-] 神奈川県出身の経営コンサルタント西野 弘の発言

人が旅行をするのはどこかに到着するためではない。「旅」そのものが目的なのである。

‐[1749-1832] ドイツの詩人・小説家・科学者 ヨハン・ウォルフガンク・フォン・ゲーテの言葉‐

「零戦」を通じて我が国の過去を顧みるとき、自らの有する武器が優秀なればなるほど、それを統御するより高い道義心と科学精神を必要とすることを教えているように思われる。

‐[1903-82] 群馬県出身の 三菱零式艦上戦闘機の設計主務者 堀越二郎の言葉‐

月別 アーカイブ

携帯サイト

QRコード

Twitter

バイカー修ツイッター

facebook

九州教具facebookページ

最近のコメント