朝礼ネタ・スピーチに名言コラム~バイカー修ちゃん・今日の一言: 2009年6月アーカイブ

2009年6月

ただ過ぎに過ぐるもの 帆かけたる舟 人の齢(よわい)

 春 夏 秋 冬

‐[996?-?] 平安時代の随筆家・歌人 清少納言「枕草子」第260節より‐ )

努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。

[1907-91] 小説家・詩人 井上 靖「我が一期一会」より‐

幼年時代からずっと忘れずにいる、ある種美しく神聖な思い出以上の教育は、ないのかもしれない。

そういう多くの思い出とともに残りの人生を歩む人の魂は、救われる。

[1821-81] ロシアの作家 フォードル・ミハイロビチ・ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」より‐

いまや人類は間違いなく青年時代をこえ、壮年時代に入ったといわざるをえない。

‐[1928-2004] 山梨県出身の歴史家 網野喜彦 2000年著『「日本」とは何か』講談社より‐

大衆の意表にでることが、発明、創意、つまりニューデザインだ。それを間違えて新しいものを作るときにアンケートをとるから、大抵総花的なものになる。他のメーカーの後ばかり追うことになる。

‐[1906-91] 静岡県出身の本田技研創業者 本田宗一郎「夢を力に」発想についての言葉

創造する幸福感は私が作る靴に反映し、それが顧客の幸せという形で私に戻ってきたのだ。

[1898-1960] イタリア フィレンツェの靴職人 サルヴァトーレ・フェラガモ「夢の靴職人」より‐

あなたがなした馬鹿げたこと・・、あなたがなさなかった馬鹿げたことが、あなたという人間の後悔を半分ずつ引き受けているのだ。

‐[1871-1945] フランスの詩人・思想家 ポール・アンブロワーズ・ヴァレリーの言葉-

なにがいけない?  密告者は密告をし、強盗は強盗をし、人殺しは人を殺し、恋人は恋をする。

[1930-] フランスの映画監督 ジャン=リュック・ゴダール 1959年作「勝手にしやがれ」より‐

誰が君を褒めるか言ってみたまえ、君の欠点がどこにあるか教えてあげよう。

-[1870-1924] ロシア革命指導者 ウラジーミル・イリイッチ・レーニンの言葉-

月別 アーカイブ

携帯サイト

QRコード

Twitter

バイカー修ツイッター

facebook

九州教具facebookページ

最近のコメント