ジャン・ジャック・ルソー

人間の全ての知識の中で最も有用でありながら最も進んでいないものは、人間に関する知識であるように私には思われる。
-[1712-78] フランスの哲学者・音楽家・作家 ジャン・ジャック・ルソーの言葉-

これは長崎の事件ではない。いかなる理由があろうとも首長を射殺するなんて断じて許されない。これで二人目だ。前の本島市長は至近距離で撃たれたけれども奇跡的に一命はとりとめた。この暴力が単なる「個人的な恨みつらみ」だとは誰も思っちゃいないよな。何かがあると考えるのが普通だよ。まあ、これ以上のセンサクは「きっこ」さんやいろんな人達にまかせよう。バイカー修ちゃんは政治には関与しない主義なんだ。でもこれだけは言っておきたい。シンガポールのリー・シェンロン首相が語った話によると、日本の政治経済は闇の勢力(ま、暴力団ですな)と関わっている。と述べていることだ。民主主義の対象にはボーリョクダンの方々の「民主」も関わっているってことだ。イタリアだけじゃないんだね。今やアメリカでも「マフィア」と同様「ヤクザ」って単語が通用するんだから。平和国家ニッポン。博愛国家ニッポン。この封印された表の顔の裏に、60年も抑圧された闘争国家ニッポンの内面の顔がある。人間は必ず表と裏がある。その集合体である国家も同様だ。ナチスが台頭した時代、敗戦ドイツは荒れていた。闇の勢力が闊歩(かっぽ)していた。そこにさっそうとナチスの「突撃隊」や「親衛隊」が登場。ギャングも共産党もユダヤ人も片っ端から取り締まった。彼らは洗練されてカッコよかった。街は一掃されて市民は狂喜し、国は栄えた。ギャングはいなくなったけど、国営のギャングが今度は一般市民を取り締まる・・。おーこわ!人間の内面はこの時代から開発が進んでいると思いますか?反省すらしてないように思える。

月別 アーカイブ