朝礼ネタ・スピーチに名言コラム~バイカー修ちゃん・今日の一言: 2006年9月アーカイブ

2006年9月

民衆の幸福にとっては、独裁社会における一暴君の圧政といえども、民主社会における一市民の無関心ほどに危険ではない。
-[1689-1755] フランスの政治思想家・法学者 C・L・d・Sモンテスキュー「法の精神」より-

社会の揺籃期には、国家の元首が制度を作るが、その後は、制度が国家の元首を作り上げる。
-[1689-1755] フランスの政治思想家・法学者 C・L・d・Sモンテスキュー「法の精神」より-

井上準之助

名を成すは常に窮苦(きゅうく)の日にあり、事の敗るるは多くは得意の時による。
-[1869-1932] 大分県出身の銀行家・政治家 日本銀行総裁 井上準之助の言葉-

人の一生はいわばそれぞれの歴史物語であって、そこには過ぎ去った時々の得失が描き出されております。

それを読みとりさえすれば、未だ日の目を見てはおらず種の形でやっと命を持ち始めたばかりの将来の事態を、そう的をはずさずに予言することは誰にでも出来ることです。

それは「時」があたため、やがて孵化らせて雛にするものなのですから。
-[1564-1616] 英国の劇作家・詩人 ウィリアム・シェイクスピア「ヘンリーⅥ世」第3部の台詞-

昭和天皇

ふりつもる 深雪(みゆき)に耐えて色かえぬ 松ぞ雄々しき 人もかくあれ
-[[1901-89] 124代天皇 昭和天皇 迪宮(みちのみや)裕仁(ひろひと) 1946年正月歌会始(うたかいはじめ)に詠まれた和歌

岩崎弥太郎

小事にあくせくするものは大事ならず。

ひとたび着手せし事業は必ず成功を期せ。

決して投機的な事業を企(くわだ)つなかれ。

国家的観念を持って全ての事業に当たれ。
[1834-85] 土佐(高知県)出身の実業家・三菱財閥創始者 岩崎弥太郎の言葉-

 

全ての大偉業は、最初は不可能だと言われたのだ。
-[1795-1881] 英国の思想家・歴史家 トーマス・カーライルの言葉-

民主主義には少なくとも一つの利点がある。つまり国会議員は選挙民よりも馬鹿ではあり得ない。なぜなら、議員が馬鹿であればあるほど、それに一票を投じる選挙民も、負けずに馬鹿でなくてはならないからだ。
[1872-1970] 英国の哲学・数学者ノーベル文学賞受賞 バートランド・アーサー・ウィリアム・ラッセルの言葉の言葉

福沢諭吉

自ら労して自ら食うは独立自尊の本源なり。
-[1835-1901] 啓蒙思想家・教育者 福沢諭吉の言葉-

経験とは、誰もが自分の過ちに与える名である。
-[1854-1900] 英国の劇作家 オスカー・フィンガル・オフレアティ・ウィルズ・ワイルドの言葉-

スタンダール

恋愛には四つの異なった型がある。情熱の恋愛、趣味の恋愛、肉体の恋愛、虚栄の恋愛、これである。
-[1783-1842] フランスの小説家 スタンダール「恋愛論」より-

フランスの諺

足で転んだものは立ち上がれるが、口で転んだ者は立ち上がれない。
-フランスの諺-

法律ってのは正義が雇った召使いのことだ。
-1972年の米国映画 「ロイ・ビーン」ポール・ニューマン扮する判事ロイ・ビーンの台詞-

貴様の先祖から譲り渡された物を、貴様が占有するには、更にそれを贏(か)ち得んではならん。利用せずに置く物は重荷だ。刹那(せつな)が造ったものでなくては、刹那が使うことは出来ない。
-[1749-1832] ドイツの詩人・小説家・科学者 ヨハン・ウォルフガンク・フォン・ゲーテ「ファウスト」682行ファウストの台詞 森鴎外訳-

祖父から譲り受けたものは、自分の努力で新たに自分のものにしなければならぬ。使わぬものは、無用の重荷だ。その時々に創られるものでなければ、その時々の役には立たぬ。
-[1749-1832] ドイツの詩人・小説家・科学者 ヨハン・ウォルフガンク・フォン・ゲーテ「ファウスト」682行ファウストの台詞 高橋義孝訳より-

相談する時には過去を、教授する時には現在を、何かをする時には、それが何であれ、未来を思うのだ。
-[1754-1824] フランスの哲学者 ジャン・ジュベールの言葉-

偶然は、準備の出来ていない人を助けない。
-[1822-95] フランスの化学者・微生物学者 ルイ・パストゥールの言葉-

一番知らない外国は心である。
-[1944-] 米国の女流黒人作家・詩人 アリス・ウォーカー(代表作:カラーパープル1982年作)の言葉-

巡察使師父及び上表師父のお許しの下に、ゴアのイエズス会の館にて日本人コンスタンチノ・ドラード、これを版に刻すものなり。1588年

-天正遣欧使節随行員コンスタンチノ・ドラード(諌早出身:日本初の印刷職人)インドのゴアにて『原マルチノの演説』を出版する際印刷機に刻んだ言葉-

時は昼も夜も忍び足で来る。
-[1564-1616] 英国の劇作家・詩人 ウィリアム・シェイクスピア『間違いの喜劇』より-

月別 アーカイブ

携帯サイト

QRコード

Twitter

バイカー修ツイッター

facebook

九州教具facebookページ

最近のコメント