朝礼ネタ・スピーチに名言コラム~バイカー修ちゃん・今日の一言: 2004年12月アーカイブ

2004年12月

辞書は時計の様なものだ。どんなに粗悪なものでもないよりはましだ。

しかしどんなによいものでも完全無欠を期待するわけにはいかない。

-[1709-84] 英国の作家・辞典編集者 サミュエル・ジョンソンの言葉-

世界に占める中国の領土は巨大なもので30年から40年後には、新しい力のバランスを見出さねばならない。

それは単に巨大な勢力というだけにとどまらない。

人類史上最大の勢力だ。

-[1923-] シンガポール初代首相 リー・クアン・ユー1994年の発言-

われわれは彼らが降伏するまで、そして世界プロレタリア革命を実現するまで戦うのだ。

ニューヨークで、ワシントン で、一般的にいわれる平和な家庭が、ベトナム開放戦線あるいはわれわれ赤軍兵士によって破壊されるとき、初めて世界革命戦争の流れを漠然と感じることがで きるだろう

-[1947-] 日本赤軍テロリスト岡本公三が1972年テルアビブ空港乱射事件後裁判の最終陳述弁論-

立花隆

畢竟(ひっきょう)するに歴史上のあらゆるメトロポリスの繁栄は、ネクロポリス(死者の土地)への道程でしかなかっ た。

それも外部からの破壊によってではなく、精神的、道徳的、肉体的(都市機能的)病いによる病理現象としてすべてのメトロポリスは死んでいったとい う、(中略)そしてこのニューヨークは、ネクロポリスへの最終段階にすでに足を踏み入れているというべきだろう。

-[1940-] 長崎県出身の作家・評論家 立花隆1981年春 記事「ニューヨーク81'」より‐

江沢民

西欧の悪意ある勢力はわが国を西欧化し、『分裂させよう』とする陰謀を一時も捨ててはいない。

-[1926-] 中国の国家主席 江沢民19958月の発言-

読書は単に知識の材料を供給するのみで、これを自分のものとするのは思索の力である。

-[1632-1704] 英国の哲学者・政治思想家 ジョン・ロックの言葉-

想像力を欠いているから、才能に訴えるようになる。

-[1882-1963] フランスの画家 ジョルジュ・ブラック「昼と夜」より-

佐藤一斎

一灯を下げて暗夜を行く、暗夜を憂うることなかれ、ただ一灯を頼め。

-[1772-1859] 岩村藩(岐阜県)出身の儒学者 佐藤一斎『言志四録』より-

自国民を戦争に巻き込む前にためらわない指導者は、指導者として失格だ。

-[1898-1978] イスラエルの女性首相[1969-74] ゴルド・メイアの言葉-

ある国の平和も、他国がまた平和でなければ保証されない。

この狭い相互に結合した世界では、戦争も自由も平和も全て連帯している。

-[1889-1964] 独立インドの初代首相 ジャワハルラール・ネルーの言葉‐

当たり前に気をつけることと不合理な恐怖心とが心理的にはほんの紙一重であることを経験した。

-20011012日に米国炭疽菌事件で白い粉が届いたニューヨーク・タイムスの社説-

絶対的な平和主義者というのは、ふとどきな国民である。

権利を、正義を、理想を守るために、武力が行使されねばならぬ時も来るからだ。

-[1861-1947] 英国の数学者・哲学者 アルフレッド・ノース・ホワイトヘッドの言葉-

苦労が人間を気高くするというのは、事実に反する。

幸福が、時にはそうすることはあるが、苦労は大抵、人間をけちに意地悪くするものなのだ。

-[1874-1965] 英国の小説家・劇作家・批評家 ウィリアム・サマセット・モーム『月と6ペンス』より-

自然を取り扱う科学にとって、研究の主体は最早自然それ自体ではなく人間の訊問(じんもん)に委(ゆだ)ねられた自然である。

このやり方では、人間は自分自身に出会うに過ぎない。

この世界を主体と客体、内的世界と外的世界に分ける習慣的分類は、もう納得がいかない

-[1901-76] ドイツのノーベル賞受賞理論物理学者 ウェルナー・カール・ハイゼンベルグの言葉‐

 ありていに言えば、現在に生きる者はごく少ない。

誰もかれも、現在以外の時に生きるつもりなのだ。

-[1667-1745] アイルランドの風刺作家 ジョナサン・スウィフトの言葉-

立派に死ぬことは難しいことではない。立派に生きることが難しいのだ。

-[1906-77] イタリア出身の映画監督 ロベルト・ロッセリーニ1945年の映画「無防備都市」の神父ドン・ピエトロ台詞‐

武者小路実篤

金のある者は、金があるために不正をし、金のないものは、金がないために不正なことをする。

-[1885-1976] 東京都出身の作家 武者小路実篤の言葉-

資本としてのお金は最大の利益を生むように投資される。

そうして資本は増え、成長する。

先進国の資本は増え続け、そして世界の5分の4は ますます貧しくなっていく。

というのもこの成長は無からくるのではなく、どこかがその犠牲になっているからだ。

そこで私が考えるのは、もう一度貨幣を実際になされた仕事や物の実態に対応する価値として位置づけるべきだということ。

そのためには現在の貨幣システムの何が問題で何を変えなければならないかを皆が真剣に考えなければならない。

人間がこの惑星上で今後も生存できるかどうかを決める決定的な問いだと私は思っている。

-[1929-95] ドイツの児童文学者 ミヒャエル・エンデ(代表作:はてしない物語)の言葉-

私は戦争を愛す。平和は私には地獄だ

-[1885-1945] 米国の将軍 ジョージ・スミス・パットンの言葉-

私は友人を持てない。私に友人はいない。まず私の気性のせいだろう。第二には私の人間の見方のためである

-[1883-1945] イタリアの独裁者 ベニト・ムッソリーニ1933年「ムッソリーニとの対話:E・ルートヴィヒ著」より-

独裁者も愛されうる。但し、大衆が同時に彼を恐れていなければならない。群集は強い男を愛する。群集は女と同じだ

-[1883-1945] イタリアの独裁者 ベニト・ムッソリーニ1933年「ムッソリーニとの対話:E・ルートヴィヒ著」より-

月別 アーカイブ

携帯サイト

QRコード

Twitter

バイカー修ツイッター

facebook

九州教具facebookページ

最近のコメント