シャルル・アンドリュー・マリー・ド・ゴール

人格者は、人々の間に距離を持つ

-[1890-1970] フランスの元大統領 シャルル・アンドリュー・マリー・ド・ゴールの言葉-

ドイツ哲人宰相がビスマルクならフランスといえばレジスタンス「自由フランス軍」を率いてナチスと戦い、戦後は大統領としてその名を知らしめたドゴール大統領でしょう。この人「超」偏屈な人だったことは有名で、それがこの名言にも現れています。なんせフォーサイスの「ジャッカルの日」には実名で暗殺されるターゲットになってるのはすごいよねえ。映画にもなってドゴール(そっくりさんか?)大統領があわや狙撃!の瞬間、挨拶して頭を下げる!うーん。すごい。あの映画も小説もおもしろかった。じつはバイカー修ちゃんは高校生の時に映画も小説も見て読んだくらいにハマったんですこれ。でも長いことジャッカルの「目」だと勘違いして覚えて恥じかいたことがあるんですよ。ジャッカルの「日」なんです。また余談ですが、ドゴールさんのミドルネーム、「マリー」ってなんか女の人みたいでしょ?そうなんです彼のお母さんの名前だそうです。

月別 アーカイブ