ジョージ・バーナード・ショー

人が虎を殺そうとするときには、彼はそのことをスポーツと呼ぶ。虎が人間を殺そうと思うときには、人間はそれを兇悪と呼ぶ。

-[1856-1950] 英国の劇作家 ジョージ・バーナード・ショーの言葉-

バーナード・ショーは英国人らしい、皮肉とウィットの聞いた名セリフをたくさん残しており、バイカー修ちゃんお気に入りの一人です。バイカー修ちゃんはこの逆説いわゆるパラドックスの言葉は結構好きですね。「1人を殺せば犯罪者だが、100万人を殺せば英雄だ!」のチャップリンの言葉や、マーク・トウェインの「アダムはリンゴが欲しかったから食べたのではなかった。禁じられていたからこそ食べたのだ」なんてね。西欧にはこのような言い回しが多いですね。バイカー修ちゃん曰く「ほとんど発病の恐れのない狂牛病を恐れて牛肉を食べない人は多いのに、だれがあってもおかしくない交通事故を恐れてクルマに乗らないものは少ない」とかね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/1346

コメントする

月別 アーカイブ