朝礼ネタ・スピーチに名言コラム~バイカー修ちゃん・今日の一言: 2000年9月アーカイブ

2000年9月

絶対的になじめない他者に対する態度としては、皆殺しにするか、徹底的に話し合って契約を結ぶしかないわけだけど、そのどちらも日本人は経験がなくて不得意だ。

-佐世保市出身の作家 村上龍の言葉-
多くの人が悲観的なとき、必ずそこが底になるのだ。

-米国の国際的な投資家 ジム・ロジャースの言葉-
自分の過去の苦労話にインタビューの大半を割く社長を持つ会社の成長性は高くない。創業者の自叙伝をプレゼントされたら、その会社に投資したらもうからない。社長が著名人との親交をにおわせる、もしくは強調するときは、その会社への投資は避けた方がいい。豪華な本社ビルを建てたときは、業績のピークか株価のピークか、その両方である。体操を社員に強制する会社はもうからない。スリッパに履き替える会社に投資すると、不思議にもうからない=「スリッパの法則」。

外資系の資産運用会社 ジャーディンフレミング投信・投資顧問が、投資診断のために日本の企業を訪問する際の「注意事項」
英雄とはアイデアを出せるやつのことだ。

-米国の巨大企業GEの会長兼 CEOジャック・ウェルチの言葉-
いいかい、人生というものは矛盾から成り立っているものなんだ。もしも矛盾の中心にちゃんと止まるものなら、人生の本当の意味がわかるはずだ。

-米国の劇作家・俳優 サム・シェパードの言葉-
独立の気なき者は、必ず人に依頼す。人に依頼する者は、必ず人を恐る。人を恐るる者は必ず人にへつらう。

-明治の啓蒙思想家・教育者 福沢諭吉「学問のすゝめ」より-
この世に客に来たと思えば何の苦もなし。朝夕の食事はうまからずともほめて食うべし。元来客の身なれば好き嫌いは申されまじ。

-16~17世紀 安土桃山~江戸初期の大名 伊達政宗「伊達政宗壁書」より-

仁に過ぐれば弱くなる。義に過ぐれば固くなる。

礼に過ぐればへつらいとなる。智に過ぐれば嘘をつく。

信に過ぐれば損をする。

-
[1567-1636] 安土桃山~江戸初期の大名 伊達政宗「伊達政宗壁書」より-

力を以って人を服するのは、心から服するにあらず。徳を以って人を服するは、悦んで真に服するものなり。

-前4~3世紀 中国の戦国時代中期の儒家 孟子の言葉-
自己を過大評価するものは他人を過小評価する。そして他人を過小評価するものは他人を平気で虐げる。

-18世紀 英国の作家・辞典編集者 サミュエル・ジョンソン「説教集」より-
はじめに言葉ありき、言葉は神なり。

-「旧約聖書」より-
「閉じた口に蝿はとびこまない」―――このフィリピンのことわざに、私はいつも感心させられる。

-米国第26代大統領 セオドア・ルーズヴェルトのくちぐせ-
年寄りになったからって賢くなったのではない。用心深くなっただけのことですな。

-米国の作家 アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ「武器よさらば」より-
人生に執着する理由のない者ほど、人生にしがみつく。

-15~16世紀 オランダの人文主義者 デシデリウス・エラスムス「痴愚神礼賛」より-
知ることは力である。

-16~17世紀英国の哲学者・政治家 フランシス・ベーコンの言葉-
愛とは、互いに見つめ合うことではなく、共に同じ方向を見つめることである。

-フランスの飛行家・作家 アントワーヌ・M・R・ド・サン・テグジュペリの言葉-
功ある人には禄(ろく)を与え、徳ある人には地位を与えよ。

-明治維新の指導的政治家 西郷隆盛の言葉-
私の意思決定にはデータ重視のものと、直感重視のものがある。いずれにしても素早く決める。ただ感情的に決めることはない。

-米国デルコンピュータ会長兼CEO マイケル・S・デルの言葉-
発展途上国の女優は、人びとの役に立つ映画を作らなければならない。真実は闘い取らなければ。望みは、時が来ればかなえられるのです。

-1999年激動のさなかインドネシアの国民的女優 クリスティン・ハキムの言葉-
セシウム133原子が共鳴するマイクロ波の周期の91億9263万1770倍

-1967年に定義された1秒の基準-

月別 アーカイブ

携帯サイト

QRコード

Twitter

バイカー修ツイッター

facebook

九州教具facebookページ

最近のコメント